コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.72【青 春 】

2020.11.18

10月に開催した青年社員研修。

 

毎年、新入社員クラス等、若い人のクラスを担当すると

必ず思い出す詩がある。

 

サムエル・ウルマンの「青春」である。

 

私が24歳でDMPの創設者皆川さんの門を叩いた時、

入所して半年ほど立った4月下旬、所長室に呼ばれた。

 

「また、叱られるのか?」と思いつつ部屋に行った。

「まあそこに座れ。」      

「早矢仕、これを読め。」と1冊の本を手渡され。

『「青春」という名の詩ー幻の詩人サムエル・ウルマン』

当時、日経新聞にも書評が載り、ビジネス書でもベストセラーになっていた記憶がある。

 

経営の神様と言われたパナソニックの創業者、松下幸之助氏が座右の銘と

していたことでも有名になった。

 

しばらく、師匠がその本について語った。

 

そして、

「早矢仕、この詩を原文(英語)で暗記しろ。ゴールデンウィーク明けにテストをする!」

 

師匠は、英文学科卒業だけに、発音にもうるさい。

「下手な暗記だけでは、合格するはずがない。。。」

 

その年のGWは、ひたすらこの詩を暗唱する練習をした記憶がある。

 

「Youth is not a time of life ― it is a state of mind ;・・・」

で始めるフレーズ。今でも最初の一節は諳んじている。

 

青年社員クラスの参加者の皆さんを担当していて、

あまりに基礎学力がなく、中学校英語すらわからない人が多く、

なにより、「情熱や強い意志を持たず、失敗を恐れ挑戦しない姿勢」を感じた。

 

そこで、研修第3日に

「明日の夜、各社の社長や皆さんの上司の方が激励に来て下さる。

 その前で、この「青春」を英語で発表してもらう。

 大リーダーを中心に練習しておくように。」

と伝えた。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

    「青春」      サムエル・ウルマン(岡田義夫訳)

 

青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相をいうのだ。

 

優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、

 

怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、

 

こういう様相を青春と言うのだ。

 

年を重ねただけで人は老いない。

 

理想を失う時に初めて老いがくる。

 

歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。

 

苦悶や、孤疑や、不安、恐怖、失望、

 

こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、

 

精気ある魂をも芥(あくた)に帰せしめてしまう。

 

年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

 

曰く「驚異えの愛慕心」、空にきらめく星辰、

 

その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰(きんぎょう)、

 

事に處する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、

 

人生への歓喜と興味。

 

 人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる

 

 人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる

 

 希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる

 

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、

 

そして偉大の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。

 

これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、

 

皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、

 

この時にこそ人は全くに老い

 

神の憐れみを乞うるほかはなくなる。 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

師匠に暗記を命じられて以来、35年。

 

若き日の学びの大切さが、いま、しみじみと感じると共に、

この「青春の詩」が、この歳になって身にしみる。

 

 「人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる

 

  人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる

 

  希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる」

 

シニア世代の入口、なんて言っている場合じゃない。

 

まだまだ、「青春を楽しめ」と己に聞かせている。

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る