コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.63【元気な庭の芝生から学んだこと】~大自然の調和~

2020.09.09

さて、今日は我が家の庭の話。

 

猛暑が続いたこの夏。

我が家の芝生はその暑さにも関わらず、

例年になくふかふかで、元気である。

 

春先に全面張替えをした。

土が固くなり、あちこちで芝生が枯れはじめていたからだ。

 

20cm~25cm、掘り起こし、大きめの石、砂、目土を入れ、

約40cm四方の芝生を一枚ずつ地面に置き、整地し・・・

おおよそ1週間余りかけて行った。

 

芝生が生え揃ってくる5月下旬になると早くも「雑草」が生える。

 

よくもまあこの間から・・・と思うような、ほんの少しの間隙をついて

生えてくる。

 

中でも「スズメノカタビラ」は、別名「芝生もどき」と言われるほど、

芝生そっくり。しかも、根が深く、芝生以上に繁殖力が高い。

 

これらの雑草を一本一本、抜く作業は、厄介で手間のかかる作業。

 

昨年までは、芝生以外の雑草を駆除する「除草剤」を春から夏前の時期に

2回ほど、散布していた。

 

この除草剤、ちょっとお高いだけあって、スグレモノで、見事に芝生以外の

草が生えなくなる。

 

その便利さから、この数年、使ってきた。

 

今年は、春から手作業で張り替えたのだし、

「毎日が日曜日」のような日々で時間はたっぷりあるし、

何より、草抜きは無心になれて、きれいになると

なんとも言えないスッキリした爽快感が味わえるし・・・

とのことで、早朝や夕方の涼しい時間に、一本一本抜いていった。

 

芝生の上にしゃがんで、草を抜きながら発見したことは・・・

 

ミミズ、蟻、こおろぎの子供、時々ムカデ・・・が、例年よりたくさんいること。

 

「芝生の上を歩いた時、少し沈むような”ふかふか”感が持続されているのは、

 彼らがいるおかげか!」

 

春先に、エアレーション(芝生に穴を開け、空気を入れる作業)を数回して

しばらくは”ふかふか”が維持できるものの、

夏になると踏み固められ、すっかり地表が固くなっていたのが常であった。

 

おそらく、強力な除草剤は、雑草を根こそぎ退治すると同時に、

ミミズ、蟻、こおろぎの子供なども一緒に殺していたんじゃないか?

 

「あたりまえのこと」に今さら気づいた。

 

今年は、庭という自然(小宇宙)の生体系をあまり壊さなかった、

ということ。

 

 

◆企業組織でも

 

企業組織も、例えば、営業で数字を稼ぐ人だけでは成り立たない。

現場で実作業するメンバーだけでは、成果はあげにくい。

 

スポットライトを浴びる人の影に、舞台装置、衣装・・・

様々なプロが見えないところで、支えあうから、

観る人を感動させるような、品質の高い大河ドラマのようなTV番組、

感動を呼ぶ映画・舞台が生まれる。

 

アフターコロナの時代、業務の効率化や合理化、省人化・・・A I やロボット、

I T技術の有効活用は、不可欠な視点である。

 

しかし、合理化や効率化、省人化のみを目的にしてしまう組織は息苦しく、

活き活きしないであろう。

 

なぜなら・・・、

 

◆最新のゲノム(遺伝子)科学の知見では、

 

 「常に変化する環境に適応し易い生物の性質とは、非効率で

  無駄が多いこと」

 と言われている。

 

企業組織にもいろんな役割の人が必要だ。

 

ある本にこんな話があった。

「毎朝、元気に笑顔で正門で挨拶し続ける知的障害者を雇用し続けた。

 A君は、障害があるので仕事の生産性は低い。」

 でもその社長は言う。

 「A君の元気な笑顔の朝の挨拶は、社員の心を清々しくし、

  うちの会社のよき雰囲気をつくってくれている。

  だから胸をはって給料をもらって欲しい」

 

もう一つ。

今から15年ほど前にトヨタ自動車の当時の部長さんから聞いた話。

 

社外からトヨタに多数の見学者がいらっしゃる。

その皆さんに、会社や工場の説明をする際の会場の設営や

各机に資料セットを置いていくのがBさんの仕事。

その当時でも、派遣の方にやって頂いてもいい種類の仕事である。

 

このBさん、とくかく明るく人柄が良い。

そして、宴会芸の達人。昔の太鼓持ちなみの芸を持っている。

各職場やトヨタ内部に多数あるインフォーマル活動の宴会に

芸人のように呼ばれる超人気もの。

Bさんの芸で、会場が笑いで包まれ、和やかな雰囲気が生まれ、

時に初対面の人同士でも交流がしやすい空気が生まれる。

既知の間柄の人々は、共に笑い合うことで、絆が深まっていく。

 

その部長曰く、

「その一事をもってしても、十分に正社員の仕事をしているのです。

 余人を持って替えがたし、とはこのことですな~。」

 

◆そもそも「雑草」「無駄」って何を基準に言っているの?

 

「雑草」は、「無駄」なものと思う人が多いだろう。

 

しかし、雑草も、昆虫も、小動物も大自然の一員であり、

各々が、「自分の命を使い、懸命に生きている」存在。

 

この庭の場合、「美しい芝生が欲しい(価値がある)」と思う私が

「雑草=いらないもの」と価値判断をし、使っている言葉である。

 

先のAさん、Bさんの事例でも、

「人を業務機能や生産性だけで評価してしまうのは如何なもの?」というケース。

 

数字では表せないけれど、「仲間のために役立っている社員」。

そんな人を見逃さず、大切にすることも効率化に等しく大切では

ないだろうか?

 

最新のゲノム理論の教えのように、

人に関わる分野では、そこそこの余裕、無駄があったほうが、

「車のハンドルに遊びの余裕があるからこそ、変化にあわせた

 柔軟な運転が可能である」ように、

「変化に対応しながら、人が人らくしく、活き活き働ける職場」は、少しのムダや余裕のある環境から生まれる、と言っていいだろう。

 

◆アフターコロナの時代の人に関わる経営は?

 

 数値化、デジタル化できる業務は、とことん無駄を削り、合理化、

 効率化、時短をすすめるのが重要だろう。

 

 一方で、

 ・コミュニケーション

 ・評価制度

 ・人事制度

 等、人そのものを対象にする分野は、合理的(デジタル的)発想に

 固まらない方がいい。

 

 評価制度一つとっても、

 ・人が人を正当に評価できるのか?

 ・どんなに評価項目が多く、精度が高くても、

   所詮 フィードバック面接や新たな目標設定を話し合う、

   上司と部下の関係に、安心感や信頼感、

   部下からの上司への尊敬、などがないとうまく機能しない。

 

 「なんで、あのバカ上司からこんかこと言われなくっちゃいけないんだ」

みたいな不平不満がなくならない。

 

◆宇宙的、大自然的発想を持って

 

 この宇宙を、地球を、大自然を 神さまが創ったとするなら、

 神さまが無駄なものをつくるはずがない。

 

 人間から見て無駄と感じるものがあるだけ。

 

 ひょっとすると、「宇宙=神さま」の目から見たら、

 傲慢で、我欲にとらわれ、自然を、地球を、破壊し続ける人間が、

 無駄なものになりつつあるのかもしれない。

 

 新型コロナウイルスも、自然の一部。

 しかも、きっと人間より、この地球の先輩。

 あるのが、自然。

 生態系の中で、何らかの意味をもって存在している。

 

 台風、ゲリラ豪雨が心配な季節。

 くれぐれも、危険予知をし、早めの対策を打つなど、

 十分に気をつけて下さいね。

 

 一方で、それらの災害をもたらすほどの自然の猛威は、

 お金やモノの豊かさを追求しすぎて、

 自然を破壊し、生態系を壊している

 傲慢、身勝手な人類への神さまからの警鐘とも

 受けとめ、自分の暮らし方、生き方を見直してみては如何だろうか?

 

 

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る