コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.2【教育の本質は伝染なり】

2018.08.08

1泊2日でM社の管理者研修をお手伝いさせて頂いた。

M社は、大手企業のロジスティクス(物流)を行っていらっしゃる。

 

「お客様のご要望を寸分の狂いもなく現場で実現する」を

価値提供の柱とし、お客様からの信頼を積み上げてきた。

DMPも15年余の長きにわたって、ご活用下さっている。

 

研修テーマは、

 

1)経営理念「真剣に 仲よく 頑張れ」が

  現場レベルで実践されているか、風化していないか?

 

2)リーダーとして、「ルールを守り、守らせる」ことで、

  社員の安全を守り、お客様の信頼を得られる現場になっているか?

 

であった。

 

真剣でありながら、和気藹々としたディスカッションが行われる。

私の指摘を、真摯に受け止めて下さる。

 

研修の途中、創業者の会長と共に、M社の歴史と実績をつくってきた、

今は亡き2人の専務のお話が度々出てきた。

 

お二人とも徹底した現場主義で、

第一線のドライバーさんからの人望を集めた人達。

理念「真剣に 仲よく 頑張れ」の体現者でもあった。

 

今、若くして部長を任されているGさんも、

O専務から直接指導を頂いた一人。

「両専務をはじめ、自分は4人の偉大な先輩のすぐ近くで

後ろ姿で教わった。」と発表。

「判断をする際、O専務なら、この状況でどう判断するかと

考えるようにしている」・・・等。

先輩から学んだことをベースに、業務に取り組んでいると胸を張った。

 

54年前、現会長と亡きO専務がトラック1台から始め、

その頃から、大きな夢を語りあったそうだ。

今では、売上100億を超え、トラック600台超。

従業員は2,000名を超えた。

 

研修の最後に、M社長にお話を頂いた。

「社外の人に聞かれたら、私の自慢は、社員の皆さんと言いたい。

本当に社員に恵まれている。

単なる売上の拡大だけを目指さない。

明日も会社に行きたい、社員が誇りに思える、そんな会社を

ここにいる皆さんと創りたいのです。」

 

終わりに私はお伝えした。

「この15年余で社長の思いを胸に、強い現場をつくれる人材が

本当に育ってきましたね。

お二人の専務も、天国で喜んでいらっしゃると思いますよ・・・。」

 

創業からの理念、「真剣に 仲良く 頑張れ」は、

上司から部下へ、先輩から後輩へ伝承されていっている。

 

「子は親の後ろ姿を見て育つ」法則。

「部下は、上司の後ろ姿を見て育つ」

 

本当の教育は、理念を体現しているリーダーの日々の後ろ姿で、

人から人へ伝承されていく。

 

教育の本質は「伝染なり」。

 

偉大な先輩の後ろ姿に憧れたG部長は、

今、部下・後輩から憧れられる存在になっている。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る