コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.124 【 反発を恐れず、公のために決断するのがリーダー 】

2022.02.16

歯に衣着せぬ発言で、物議を醸したことが多い石原慎太郎氏。

ただ、政治家というリーダーのありようでは、小生は大変尊敬している。

 

印象に残っている彼の事績をいくつかあげると・・・

 

【その1】
東京都知事時代 東日本大震災被災地のがれき受け入れに

多くの地方自治体が及び腰だった時、

“都民が反対している”との声に
「放射能汚染を測ったら、何でもないから持って来るんだ。黙れと言えばいい。」

 

【その2】

国ができないなら、東京都でディーゼル車排ガス規制をやる。

ほとんどの大手物流会社の車両は都内を通るから、

東京がやったら大手物流会社はせざるを得ないだろう。

と国に先駆けて行う。

 

【その3】

中国の領有権主張に対して、尖閣列島を東京都が購入する決断をする。

→その後、当時の民主党政権が、国での保有を決定。

 

◆【民主主義の難しさ】

民主主義は、基本、多数決原理で決定されることが多い。

それ故に、目先のことしか考えない世論や、根拠なき巷の雰囲気に影響される

「衆愚政治」になりかねない危険もある。

叩かれることを恐れて、耳ざわりの良い言動をするリーダー、コンセンサスを得ることが目的?

と思わせるような決断をするリーダーがこのところ多いと感じる。

(このコロナ禍における政治的決断も多いかな〜)

 

先にあげた石原氏のリーダーとしての決断は、それらとは違う。

公のために、反発を恐れず、きっぱり決断する。

歴史に学べば、
かつてソ連を含めた全面講和を主張する、時の東大総長を

はじめとするインテリ達を「不逞の輩」と一蹴りし、
サンフランシスコ講和条約を締結した故吉田茂首相。

 

学生を中心に日本中を騒がせた安保闘争の中でも、

日米安保条約を締結した岸信介首相。

 

ローマを外敵から守るために、ルビコン川を渡ったユリウス・カエサル。

(今でもルビコン川を渡るとは、「後戻りのきかない道へと決断を下すこと

を意味する、ことわざになっている。)

世論の反撃も覚悟の上で決断する胆力こそ、
リーダーの欠かすことのできない条件といえよう。

未来への展望を持たず、その場のコンセンサスに

身を寄せるリーダーの下では組織は滅亡する。

 

以上

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る