コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.99【 あたりまえ?奇跡! ~石垣随想その1~ 】

2021.07.21

◆『あたりまえ?』でも『奇跡!』

 

1年前に死にかけてから、毎朝思うことがある。

「今日も目が覚めた。生きている!」

それまでは、朝目覚めることに、たいした感動はなかった。目が覚めてあたりまえ。

 

しかし、1年前、「死はいつくるかわからない。自分はあっけなく、ある日突然死ぬことがあるんだ!」と体感した。

 

ここ、石垣に来ても、普段の習慣は変わらず、3時頃には目が覚める。

大自然に囲まれているこの地。

早暁、星空が残り、次第に明けていくオレンジ色の空、それに染まる木々の緑。赤や黄色のブーゲンビリアやハイビスカス。

そして石垣ブルーの澄んだ海の色が、朝日と共に輝き出す。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も朝がきた。もうじき陽が昇る。

今朝、目覚めることができた。

私は生きている。

淹れたてのコーヒーが美味しい。

昨日も美味しく食事を頂いた。

夏の日差しのなか、汗をかいて飲む冷たい水が最高にうまい!

 

それらは、きっと「あたりまえ」のことじゃない。

 

家族がいる。

親しくつきあってくれる友がいる。

お客様がいてくださる。

ビジネスパートナーがいてくれる。

 

それらは、きっと「あたりまえ」のことじゃない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆私の命につながる命

 

私の命があるのは両親がいたから。

その両親の命はそれぞれの親から頂いたもの(私の祖父母)。

そうして、両親を第1世代の先祖とすると、第10世代までご先祖を遡ると(約250年〜300年)横一列にご先祖さまが1024人並ぶことになる。

そのご先祖さまの総合計は、2046人。

 

そのうち、たった誰か一人の命でも途絶えていたら、いまの私の命はない。

そうして、命とDNAを私は受け継いで “いま、ここ” に生きている。

 

◆先人たちの命の上に・・・。

 

石垣の地には、琉球王国時代、薩摩藩の圧政や、中国の属国のような時代の遺跡がそこかしこに残っている。

さらに太平洋戦争時代、今の魚釣島(尖閣列島)から台湾に避難しようとして、米軍の攻撃にあい、亡くなった方の慰霊碑、沖縄戦の時に戦死した方々の慰霊碑など、戦争の痕跡が残っている。

 

わずか70~80年前、先人たちが、日本の国を守るために命を散らしていかれた。

その歴史の上に、今の繁栄と平和なこの日本がある。

 

「私の命が“今”あるのは、「あたりまえ」のことじゃない。

 

「あたりまえ」と思っていることは、実は、神(天)のはからい(計らい)による奇跡なのだ。

 

だから、生きよう! 今日も感謝の心で、喜びを胸に。

 

 

RE:BORNの地 石垣にて

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る