コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.71【 雨ニモマケズ 】

2020.11.11

第69回 【初期教育の質が・・・  】で述べた、青年社員研修を通じての教訓も

その一つ。

企業人としての初期の教育レベルは、まっとうな親や幼稚園(保育園)の先生が教える

しつけ(躾)レベルのことができたら、60点は取れるだろう。

 

先々週の「掃除での気づき」もシンプルなこと。

「今日一日、”ただ今”」の足元の実践の中に、人生の大事な一歩があり、

それを行わずして何事もならないし、良き人生・仕事など望んではならないと

思う。

 

古(いにしえ)よりの

「一大事とは、ただ今なり」

「大事の前の小事」

とは、そうした教えであろう。

 

そんなことを考えていたら、お笑い系のあるTV番組で、

宮沢賢治の『雨ニモマケズ』をタレントが暗記する場面を見た。

 

『雨ニモマケズ』を唱和するシーンで、画面に文面も流れた。

 

 

◆『雨ニモマケズ』 宮沢賢治(*原文のまま)

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ

慾ハナク

決シテ瞋ラズ

イツモシヅカニワラッテヰル

一日ニ玄米四合ト

味噌ト少シノ野菜ヲタベ

アラユルコトヲ

ジブンヲカンジョウニ入レズニ

ヨクミキキシワカリ

ソシテワスレズ

野原ノ松ノ林ノ䕃ノ

小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ

東ニ病気ノコドモアレバ

行ッテ看病シテヤリ

西ニツカレタ母アレバ

行ッテソノ稲ノ朿ヲ[#「朿ヲ」はママ]負ヒ

南ニ死ニサウナ人アレバ

行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ

北ニケンクヮヤソショウガアレバ

ツマラナイカラヤメロトイヒ

ヒドリノトキハナミダヲナガシ

サムサノナツハオロオロアルキ

ミンナニデクノボートヨバレ

ホメラレモセズ

クニモサレズ

サウイフモノニ

ワタシハナリタイ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シンプルな言葉で綴られたフレーズ。

シンプルなだけに、混ざりっけなしで、心の奥底に届く。

「そんな人に私もなりたい。

 そんな人になることを目指してトボトボ歩んで行こう」

そう感じた。

お笑い番組だったのに・・・。心が震えた。

 

◆若き時の賢治、そして今

 

学生の頃、宮沢賢治にハマった時期があった。

『銀河鉄道の夜』、『セロ弾きのゴーシュ』、『注文の多い料理店』、『よだかの星』、

『風の又三郎』・・・当時は、子供向けの児童文学の面白いお話、と捉えて

読んだような記憶がある。

 

秋の夜長、

「久しぶりに賢治を読んでみよう!」

仏教の「慈悲の心」をベースに書かれたものが多いそれらの作品は、

大人になった今、どんなふうに響いてくるだろうか?

楽しみである。

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る