コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.65【 鷹の選択 】

2020.09.23

◆【 鷹の選択 】

 

鷹は、長生きできる鳥としてよく知られています。

 

           

鷹は最高70年生きられると言われていますが、

このように長生きするためには、

約40年が過ぎた時に重要な決断をしなければなりません。

 

鷹は約40歳になると、爪が弱くなり獲物がうまく取れなくなります。

               

くちばしも長く曲がり、胸につくようになります。

羽も重くなり、徐々に飛べなくなります。

                          

ここで鷹は、2つの「選択」に迫られます。

 

このまま死ぬ時期を待つのか。

 

苦しい自分探しの旅に出るか。

 

自分の変化の道を選んだ鷹は、まず山の頂上に行き巣を作ります。

              

その後、鷹はとても苦しいいくつかのことをやり始めます。

 

まずくちばしを岩で叩き、壊し、なくします。そうすると新しいくちばしが出てきます。

 

それから出てきたくちばしで、爪を一つずつはぎ取ります。

 

そして新しい爪が生えてくると、今度は羽を一本ずつ抜きます。

 

 

こうして半年が過ぎ、

新しい羽が生えてきた鷹は、新しい姿に変わります。

 

そしてまた空に高く跳び上がり、残りの30年間を生きていきます。

 

人は誰でも、過去よりは成長することを願います。

 

成長を望み、もっと

新しい自分を見つけるためには、

心の底から「変化」を期待し行動しなければなりません。

 

大切な人生の生きる意味に気づき、

「涙」と「笑顔」で成長する自分と向き合うためには、

この鷹が見せてくれた「とても苦しい選択」をする、という

勇気ある決断が必要なのかもしれません。

 

人生の価値は「速さ」と「広さ」ではなく、

「方向性」と「深さ」にあることを忘れない。

 

あなたが心から探し求めている「生きる意味」とは何でしょうか?

 

どのような自分を求めていますか?

 

変わりたい自分が「こころの扉」を叩くのであれば、

その気持ちと素直に向き合い、最も大切な事を選ぶ「勇気」を忘れない。

 

そして「成長」を求める自分を否定しない。

 

これが生きる意味と向き合う私たちに送る、「鷹」からの「教訓」

かもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆この3年の自分を省みて

 

独立してからの3年。

私が意識して練習したことの一つは、「自分の得意技を封印すること」

 

訓練では、

第1日~第3日午前中頃までは、

切れ味良く、厳しく、言力の迫力で、受講生にプレッシャーと

こちらの本気を見せて、「自主的に力を出すレベルに早く持っていく」

といったパターンが得意技。

 

それらをできるだけ使わず、圧迫しないで(し過ぎないで)、

 

如何に

「本気・真剣に自主的に学ぶ楽しさと達成感・充実感」

 

「仲間と本音で交流する心地よさ」

 

などを体感して頂けるか、という工夫をしている。

 

若い頃からの得意技を封印した時、新たな技、新たな自分が

芽生えてきた。

 

私も若き頃から磨いた爪を捨てて、

新たな自分になるプロセスの最中にいる。

 

「鷹の選択」「早矢仕の選択」そして「あなたの選択」は?

 

人生は選択の連續の中で、紡がれていく。

 

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る