コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.57【子は親の後ろ姿を見て育つ】 ~「有難うございます」はムツカシイ!〜

2020.07.15

◆創業記念日にこの3年を振り返っていて、
ふっと思い出したある大先輩経営者の言葉がある。

 

「いつも、『本日ただいま開店!』の心を忘れちゃいかん!」

 

「初めてお客様から電話があった時の喜びを忘れちゃいかん。
 今日とる電話もその心で!そう自分に言い聞かせるんですよ」

 

当時、70歳ぐらいの年齢。

 

20代で建材商社を一人で創業。
その後、幾多の苦労を経て、
北関東圏No1に育てたT会長から伺った話。

 

よく出会う企業のケース。

 

創業から会社が軌道に乗るまでは、必死にやる。
どんな小さな仕事でも、真心込めて一生懸命に対応する。

 

経営者一人だったり、身内のような仲間数名だから、
ブレずにできる。
何より、会社が続くか?の危機感が高い。

 

しかし、経営が順調に行きだし、客先も社員も増え、
大手のお客様との付き合いが中心になってくると・・・。

 

創業の頃からお世話になった小さな会社や
売上の小さい仕事はさばくように対応する。
心がこもらない。
むしろ、「こんな小さな仕事を依頼しやがって・・・」
ぐらい思うケースも。

 

そうして売上があがっていると、
お客様への『(心からの)ありがとうございます』
をつい忘れる。

 

(こちらが仕事をしてやってるんだ、ぐらいの気持ちになっていたり・・・)

 

あるいは、「ありがとうございます」と言っているけど、
条件反射的に言っているだけ。

 

言葉が流れる。

 

 

◆A社のことを心配しています

 

 

先日、ご縁を頂いて6~7年になるA社にある仕事の依頼をした。

 

創業の頃から、仕事の依頼をし、また小生も社長の相談に乗らせて頂いたり、
研修のお手伝いをさせて頂き、
その後仕事の発注も何度かさせて頂いた会社。

 

久しぶりに社長と電話で話をし、その後お目にもかかった。

 

しかし、その数回のやりとり中、
「〇〇の件、ご依頼下さり、有難うございます。」
とは社長はおっしゃらなかった。

 

小生は、「〇〇の件、いろいろ担当△△さんにお世話になりまして。」
と申し上げたにも関わらず。

 

また、最近の組織の状況も聞いてみると
「私は○○しているのに、△△さんが思うように仕事してくれなくて・・・」
「結果、△△さんが会社を辞め、今は・・・・」

 

他責的な発言が続いた。

 

A社はこの数年好調な業績をあげ続けている。
業界でも注目されてきた。

 

これは、推測だが、
若き社長は、おそらく経営者仲間でも一目も二目もおかれる位置にいて、
厳しいことを言われることもほとんどないのでは?

 

社長が感謝の心を忘れているということは、
社員もお客様や会社の仲間に忘れている可能性が高い。

 

小生がよく言う『「子は親の後ろ姿を見て育つ」法則』によると

 

「社長(リーダー)の「言っているように」部下社員(メンバー)は育つ・反応する」のではなく

 

「社長(リーダー)の「やっているように」部下社員(メンバー)は育つ・反応する」

 

つまり、メンバーは、社長(リーダー)の本音や本気を嗅覚で感じ取り、
驚くほど、それに反応する。

 

「いいことも 悪いことも」

 

A社は今、たぶん社内でも
「感謝と思いやり、ごめんなさい」のコミュニケーションが
不足しているだろうな~と感じた。

 

従って、組織の運営も、人のマネジメントもなんらかの問題が
発生している。(に違いない?)

 

それは、恐ろしいほど、お客様に伝わる。

 

厳しい環境になった時に、
「感謝と思いやり、ごめんなさい」のコミュニケーションが
できない組織は、もろくも崩れていく。

 

そんなケースを多く見てきた。

 

このところA社のことが気になって仕方がない・・・。

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る