コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.22【2019年 元旦 新年特別号】

2019.01.01

◆どんな年になるのだろう?

 

平成から新たな元号に変わる今年、

日本と世界はどんな変化の年になっていくのだろうか。。。

 

・トランプ大統領の自国中心主義(「アメリカ・ファースト」)

・終身国家主席の座を手に入れた 習近平 の中国の動き

・そうした中での、米中貿易戦争激化の様相

・調和を掲げた EU(欧州連合) は崩壊に向かう予兆も?

・国内では、恥を知らない官僚、大手企業の不祥事の数々。。。

 

世の中は「利己主義的方向」に、加速している。

そして、AI革命が、時代の前提条件を大きく変えようとしている。

混乱と激動、そして大変革の年になっていく予感がする。

 

 

◆年の初めに、自分に言い聞かせる

 

こんな時代だからこそ、「人としてのありよう」を見失いたくないと思う。

それは、一言で言うなら、

 「清々しく、爽やかに、感謝の心を忘れずに歩みたい」

 今日を生き切る「一日一生」の想いを持って。

 そう生きることで、

 「お天道さまに、ニッコリ笑顔を向けられる日々」が増えるのではないだろうか?

 

おそらく、利己主義に支配され、やましいことをしている人々は、

「『清々しさ、爽やかさ』とは遠い心境で生きているのでは?」と思う。

 

 

◆安岡先生の教え

 

若き頃、大師匠 皆川さんから、「安岡正篤先生の本を読め」とよく言われた。

安岡先生の教えの中で、新年になると読み返すのが『年頭自警』

 

一、年頭まず自ら意気を新たにすべし

  (まず自らを奮い起こして意気を新たにし、)

二、年頭古き悔恨(かいこん)を棄(す)つべし

  (過去の出来事に対する悔恨の気持ちを捨て、)

三、年頭決然滞事(たいじ)を一掃すべし

  (断固たる決意をもって、滞っていたことを片づけ、)

四、年頭新たに一善事を発願(ほつがん)すべし

  (世の中への貢献につながる新たな目標を掲げて達成を決意し、)

五、年頭新たに一佳書を読み始むべし

  (精神を高めるような良書を新たに読み始める。)

                  (『安岡正篤 一日一言』より)

 

新たな年を、こんな心持ちでスタートしたら、

「清々しく、爽やかな日々」が増えるのではないだろうか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

幸い多き年になりますようお祈り申し上げます。

 

本年もどうぞよろしくご指導下さい。

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る