コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.18【散歩随想 ~その1~】

2018.11.28

『晩秋:散歩随想:1』

心を鎮めたくて、

麓まで夜の山道を往復した。

懐中電灯の光は弱く、

遠くまでは届かない。

足元だけを照らし、

トボトボ歩いた。

月影が自分の姿を映していた。

昼間は、遠く、長く感じる

随願寺へ往復の道。

いつの間にか帰り着いていた。

ふと

「一燈を提げて暗夜を行く。

暗夜を憂うること勿れ、

只一燈を頼め。」

(佐藤一斎の『言志四録』)が脳裏に浮かんだ。

若き日に 師匠に教わった言葉だった。

心を乱し、迷い、

自分がわからなくなっていた

この数年の自分。

仏様が計らって下さった

夜の散歩だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『晩秋:散歩随想:2』

コンビニに近道をしようと、

ショートカットの道を進んだ。

狭い路地の先は、

行き止まり。

元の道まで、一度戻ればいい。

急いで歩いた先に、

何が待っているのか?

行き止まりになって、

初めて気づき、学ぶこともある。

ふとそう思った。

きっと人生も同じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『晩秋:散歩随想:3』

訓練会場への山道。

いつもは杖を使わない。

その時は、なんとなく、

杖を使ってみようと思った。

杖があったほうが

断然、ラクに登れた。

支えてくれる仲間が、

側にいてくれるのに、

弱い自分を受け入れることができず、

未熟と思われるのが嫌で、

強がり、意地を張って、

ますます迷いの渦に入り、

疲れる生き方をしていたなあー

そんな自分に気づいた夜の散歩。

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る