コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.14【改革を実行できるリーダーとは?~変革を起こせるリーダーのあり方(その2)~】

2018.10.31

前回、AIによる社会、及び人の働き方の変化について述べた。

これらが100年に一度の大変革期と言われる大きな要因の一つ。

 

「変化に対応できない人と企業は衰退、滅亡する」

 

この冷厳な真理の前に、多くの企業で変革が求められる時代が到来している。

そこで、今回は「改革を実行できるリーダー」について述べてみる。

 

◆T社の大改革

 

リーマンショックの後、トヨタ系ティア1の製造業T社は大幅な赤字に転落、

会社の生き残りをかけた大改革に挑戦をし、見事に成果をあげた。

 

改革を先導したのは、当時のK社長。

「賢者は歴史に学ぶ」の教えに従い、江戸期の変革の事例を参考にされた。

 

以下は、K社長の会社改革の記録資料からの抜粋である。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

◆幕府改革(享保 ・田沼意次 ・ 松平定信)が失敗したのは何故か?

 次の要因があげられる。

 

① 改革の目的や方法が不明確であり、庶民はもとより幕府要人にすら

趣旨を説明 ・徹底 していなかった。

 

② 改革の推進者は一部の幕府エリート官僚に限られており、実務者には

意見も聞かず、指示・命令として一方的に押し付けていた。

 

③ 改革に必要な庶民の協力や世論喚起に向けたPRに欠けていた。  

 

④ 改革の根本に「 優しさ・思いやり」がなく、逆に増税した。

 

◆改革に成功した上杉鷹山に学ぶ

 

筆者注)上杉鷹山は、江戸中期、出羽の国、米沢藩の藩主。

    領地返上寸前まで困窮した米沢藩再生のきっかけを作り、

    江戸時代屈指の名君として知られている。

 

鷹山の教えに「改革を妨げる3つの壁」がある。

 

  1)制度の壁

 

  2)物理的な壁

 

  3)心(意識)の壁

 

   →改革とは、この3つの壁 を 「壊す」 ことであり、

    特に壊さなければならないのは 「 心の壁 」と言われている。

 

◆では、改革に必要な5つの心得とは?

 

 (・・・以下の部分は当時のT社の現状。

  →以下の部分は、幹部に強調して説明した方針の骨子)

 

① 情報は総て共有する

・・・・改革が進まない組織は、必要な情報を社員に知らせていない

→ 情報公開の徹底 : 場を多くし、分かり易く繰り返し説明

 

② 職場での討論を活発にする

・・・・ 一方的な押し付けはダメ

→ 傾聴の姿勢:意見を言わせ、当事者意識を持たせる

 

③その合意を尊重する

・・・・途中で揺らぐのはダメ

→ 筋(芯)を通す:言行一致(約束は守る・言った事は必ずやる)

 

④ 現場を重視する

・・・・報告(紙)に頼り、実態を知らないのはダメ

→ 現地・現物に徹する:関心を持ち、実務者と直のコミュニケーション

 

⑤ 愛と信頼の念を流布する

・・・・夢&希望がないと動かない

→嬉しさを語る:具体的にどんな良いことが有るのか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

◆あなたの会社の現状は?

 

人は「変わらなくては」と口では言うものの、本音では変わることに恐怖心を持ち、

抵抗するもの。

小生の体験からも多くの変革のケースの一番の抵抗勢力は、社外でなく、社員の心の中にあった。

 

「現状維持を良しとする。今までのやり方の何が悪い」

「困難で面倒な挑戦はごめんだ」「自分の保身や既得権益にしがみつきたい」などの

変えたくないという心の壁こそ、一番の抵抗勢力である。

 

これまで、いくつもの企業変革の事例を体験してきたが、変革できる組織には、

必ず使命感と執念を持って、粘り強くやり続ける「肚をくくったトップリーダー」と

それを補佐する「共に立ち上がり、戦うリーダー達」がいた。

 

「経営革新は、組織革新より、

       組織革新は、自己革新より

             自己革新は意識革新より始まる」

                      (『DMP実践の心得』より)

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る