コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.103【「我が社の現場の実践・実績」ができているかを常に自問して下さい ~早矢仕塾 塾生へのメッセージ~】

2021.09.01

今回は、今年5回目の開催をしている「早矢仕塾」の塾生の皆さんにお送りしたメールをご紹介します。
職場で、役職者、部下・後輩をもっていらっしゃる皆様、つまり、リーダーシップ発揮が必要な皆様には、参考にして頂ける内容だと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前略・・・

さて、早矢仕塾も次回で第3回を迎えます。

いよいよ塾活動を本格的に展開する時期です。

 

そこで、以下のことをアドバイス&補講として早矢仕&藤村からお伝え致します。

 

1)社内の実践及び、塾活動において、「コロナがあるから・・・」の理由や正当化、言い訳を一切しないこと。

 

 →「変えられない条件」のせいにしても何も成長しませんし、

   現実は変わりません。

 →人生で最も大切な心構えの一つは、「言い訳グセ」を持たないことです。

 →「成長しない=自己鍛錬しない人」は、ほぼ必ずと言っていいぐらい

   この正当化グセ

  =「本当はやらない、やりたくない」だけなのに、

   「変えれらない環境や条件、他人(部下・上司・職場の仲間などの

    せいにして、「〜だから、できない」と言うクセの人です。

 

関連して、

  • 2)塾活動が今ひとつ活発にならないことの理由を

  a)塾参加の動機や目的などが違うから

  b)自分とそれらの人との間に、意識や考え方の温度差があるから。

等に求めないこと。

 

なぜなら、人の価値観は様々で、意識や考え方、そこからの言動に「温度差」があるのが当たり前。そんなものは、ほぼ永遠になくならないものです。

 

現に、

あなたと上司、

あなたと部下、

あなたと社長、

あなたとお客様、

あなたと奥様(ご主人)、

など

どの間にも、意識や考え方の温度差はあるでしょう!

 

会社内で、それがもしないのなら、あなたは既に取締役以上の役職になっているはずです!

 

もう次が第3回ですし、コロナ禍の環境は少なくともあと1年以上は続きます。

そんな言い訳をして、「自分が行動しないこと」に安住していては、

「なんのために、早矢仕塾に参加しているのか?」の意味がないと、私どもは考えます。

 

さらに、1)2)に関連して、

 

3)「他のメンバーが、・・・・(マイナスの言動)だからと言う場合」、

  a) 必ず自分は出来ているかと問いかけること

  b) 自分もやれてないのに、その事象の人の言動をマイナス評価したり、

   非難することは、人として、リーダーとして、あるまじき行為です。

  c)要諦は、

   繰り返しお伝えしているように、

   「ひたすら、己の後ろ姿で語る」「私を見習え」といつでも

   言える自分であることが、塾活動の全てです。

 

したがって

 

4)塾内の実践より、「我が社の現場の実践・実績」ができているかを

  常に自問すること。

 

以上、4点を意識し、実践し、元気な姿で9/27の第3回お目にかかりましょう!

 

以上、講師:早矢仕&藤村より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る