コラム『DMP徒然草』 書籍情報のご案内
DMP徒然草

No.94【人生100年時代を考える~『LIFE SPAN 老いなき世界』より~】

2021.05.26

◆発行部数10万部を超えるベストセラー

著者は米ハーバード大学医学大学院教授のデビッド・A・シンクレア氏。

シンクレア氏の最大の主張は、

「老化は病気である、と認めた上で対策をすれば、誰もが自分でしっかりと効果を生み出せるものだということ」

 

この主張で、筆者は思わず心の中でつぶやいた・・・。

「衰退する企業、伸びない企業の社長も、自分の会社組織が病気・・・基本が徹底されていない病、ホウレンソウされない病。リーダーが言うべきことを言えない病、あるいは、企業組織なのに成果達成への厳しさがなく、プライベート組織の仲良しサークル病・・・などにかかっているのに・・・。

病気と認めない(認めたくない)経営者の会社は確かに長寿になっていない!」

 

シンクレア氏は、こうも分析している。

「あらゆる癌を撲滅したとしても平均寿命は2.1年しか伸びない」

老化は「幅広い病理学的帰結を伴う疾患のプロセス」、

「1個の病気であり、治療可能である」。

 

 

◆シンクレア氏が実践している健康長寿マニュアル

 

以下の□にあなたが実践できている行動習慣(近いものでもOKでしょう)をチェックしてみては如何でしょうか?

 

  • □砂糖、パン、パスタの摂取量を減らす。

 

  • □1日のうちどれか1食を抜くか、少なくとも少量に抑えるようにする。

 

  • □数ヶ月に1度採血をし、それを数十個のバイオマーカーを通して分析、最適値を外れていたら、食物や運動を通じて修正する。

 

  • □毎日できるだけ歩き、上階に行くときには階段を使うようにする。

 

  • □週末はジムに行き、バーベル挙げやジョギングをする。サウナでしばらく過ごし、氷のように冷たい水につかっている。

 

  • □植物をたくさん摂取し、ほかの哺乳類を口にするのはなるべく避けるようにしている。運動した時には、肉を食べる。

 

  • □たばこは吸わない。電子レンジにかけたプラスチックや過度な紫外線、レントゲンやCTスキャンを避ける。

 

  • □日中と就寝時はなるべく涼しい場所にいる。

 

  • □健康長寿を延ばすうえで最適の範囲内にBMIを保つようにしている。

 注)BMI=体重÷身長(メートル)の2乗で割った数値

 

□NMN1グラム(1000ミリグラム)、レスベラトロール1グラム(自家製ヨーグルトに振り入れて混ぜる)、及びメトホスミン1ミリグラムを毎朝摂取する。

 

□ビタミンD及びK2の1日推奨量を摂取し、83ミリグラムのアスピリンを服用する。

 

【ただし、注釈として】

・読者がすることはこれと同じとは限らない

・私(シンクレア氏)はしているが正しいかはわからない

・臨床試験は進行中だが、厳密で長期的な老化の治療法はまだ一つも存在しない

などと述べている。

 

 

小生は、11個中7個は実践していて、ちょいと安心。

 

ただ、こうも思った。

 

長生きするだけには価値は感じないな~。

何年生きたか?より、如何に生きたか?世の中に何を残したか?じゃあないの?

生きがい・やり甲斐を発見できない人にとっては、死ねない、辛い時代になると見方もできるなあ〜。

 

さて、あなたは、人生100年時代の生き方をどのように設計しますか?

DMP徒然草コラム更新〈毎週水曜日〉をメールでお知らせします

メールアドレスをご登録いただくと、毎週水曜日の更新時にお知らせメールをご送付いたします。是非ご登録ください。

メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer
一覧へ戻る